ベンチャー企業/起業/WEBコンサルティング

StockSun株式会社の代表ブログ

ベンチャー企業/起業/WEBコンサルティング

【保存版】無料でできるWEBマーケティング施策

こんにちは。

StockSun株式会社 代表の株本祐己です。

 

本日は、無料でできるWEBマーケティングを教えます。

 

「WEBサイトにアクセスを集めたいが、広告予算は使えない」

 

という法人・個人の方は非常に多いかと思います。

 

お金を使って人を集める事は誰でも出来ます。

しかし、

いかにお金を使わずに人をWEBサイトに集めるか

が腕の見せ所です。

 

1.SEO対策

1-1.インデックス数を増やす

先回の記事でも書きましたが、WEBサイトをSEO対策することで、検索した方からの流入が見込めるようになります。

その中でも

・インデックス数を増やす

手法については、お金をかけなくても実行することができます。

具体的には

「WEBサイトの中でブログを書く」

という方法が最も有効です。

 

ブログの文字数はなるべく多く(800文字以上)、そしてなるべく検索に引っかかって欲しいキーワードを散りばめて書き続けてください。

記事数はまずは50記事を目標にしましょう。

 

検索窓で、文字を打ち込むと同時に検索予想キーワードも表示されるかと思いますが、これが「サジェストキーワード」というものです。

直近で世の中で最も検索されているキーワードのセットが表示されています。

このサジェスト機能を参考に、具体的に散りばめるキーワードを決めてください。

 

記事が増えてくると、各記事から次第にアクセスを拾ってこれるようになります。

またWEBサイトのインデックス数が増加したことにより、TOPページの順位も上がってきます。

 

1-2.被リンク数を増やす

自分の別のブログ等があれば、そこからWEBサイトへのリンクを当てていきましょう。

友人などがいれば、お互いにリンクを貼り合う事も有効です。

また、SNS等でHPのリンクを投稿して、その投稿にイイネが付くと被リンクと同様の効果が得られるという説もあります。イイネやシェア、はてなブックマーク等は積極的に狙っていきましょう。

 

2.SNSの活用

2-1.全SNSアカウントの開設

Facebook、インスタグラム、ツイッター等のSNSの利用は無料です。

まずはアカウントを開設してください。もちろん開設は無料です。

 

2-2.投稿数を増やす

ブログの内容をそのままコピーする形で構わないので、ある程度の投稿数を稼ぎましょう。

具体的には、30投稿くらいは欲しいです。

投稿数が少ないと、アカウントを訪れたユーザーが

「あれ、開設したてで、まだ内容が充実してなさそうだな」

とがっかりして去ってしまいます。

※フォロワーが増えた後、反響に手ごたえを感じた投稿が出来た場合は、TOPビューに固定しておきましょう。

 

2-3.フォローバックしてくれそうな人をフォローする

ある程度の投稿がたまってきたところで、まずは

『競合アカウントのフォロワー』

を全員フォローしてください。

競合のアカウントをフォローしているユーザーは、すなわちその業種業態に興味を持っている可能性が高く、こちらからフォローすることでアカウントの存在に気づき、フォローし返してくれる可能性が高いです。

プロフィールに、「相互フォロー」などの単語を入れておくと、検索して勝手にフォローしてくれる人も増えます。

自動リフォローツール等を利用して、一度フォローしてきたユーザーを逃さないようにしましょう。

 

2-4.WEBサイトの告知投稿を始める

フォロワーが増えてきたところで、定期的にWEBサイトのURLを載せた投稿を増やしていきましょう。

URLが長い場合は、ドメイン短縮ツール等を利用すると文字数を抑えられます。

ブログの内容をそのまま同じ原稿でSNS内に投稿することも手段としては有効です。

ブログやWEBサイトで同一の内容を投稿してしまうと、コピーサイトとしてペナルティ対象となってしまいますが、SNS内であれば問題ありません。

 

2-5.ハッシュタグを多用する

インスタやツイッターは、「#〇〇」という形でハッシュタグ検索をするユーザーが多いです。

トレンドのハッシュタグや、業界特有のハッシュタグに乗っかったツイートをして、WEBサイトの告知をすると、検索してきたフォロワー以外のユーザーからの流入も見込めるようになります。

 

2-6.流入が多いSNSを攻めていく

各種SNSにて告知を続けていくと、相性が良いSNSが次第と明確になってきます。

例えばFacebookからの流入が、インスタグラムよりも何倍も多かった場合、それはユーザー属性がFacebookに合っていたという仮設を立てることができます。

そこの仮設が決まった後は、投稿追加やフォロー追加等の工数はFacebookに寄せていきましょう。

効果が上がったチャネルに集中し、アクセスを増やしていきましょう。

 

3.各種マンモスサービスにて告知していく

若干グレーゾーンではありますが、世の中には閲覧投稿が無料で出来るWEBサービスがたくさん存在します。

例えばヤフー知恵袋や、2チャンネル等、アクセス数がマンモス級のサイトにて、質問に対して自社のHPを告知するような内容の回答をして、URLの露出を増やしていきましょう。

やりすぎると怒られたり消されたりするので注意。

 

4.YouTubeを活用する

何かしらWEBサイトに関連する動画をアップロードしてください。

WEBサイトの強みをひたすらしゃべり続ける動画でも構いません。

説明文に散りばめるキーワードは競合他社となるべく合わせてください。

動画の説明文にHPのURLを載せて、そこから流入できる導線を設計してください。

その動画が、競合他社の関連動画として右に表示された時に、アクセスが一気に増えるようになります。

 

最後に

無料で出来るWEBマーケティング施策は他にも色々とありますが、

「さすがにここには書けないな~」

というキワドイ施策が多く、それは直接相談いただいたときにお話させていただきたいと思います。

 

WEBに関するご相談はLINEにてお待ちしております

↓株本LINE↓

f:id:SS_kabumoto:20171203192025p:plain

 

 

 ツイッターはこちらから↓

twitter.com

 

それでは今日はここらへんで。