ベンチャー企業/起業/WEBコンサルティング

StockSun株式会社の代表ブログ

ベンチャー企業/起業/WEBコンサルティング

世間で注目の超優秀な起業家(株本)が2期目を終えて考えていること

こんにちは

StockSun株式会社の代表、株本です。

 

タイトルの通り、

今、私は

・金銭的にも時間的にも余裕があり

・成長産業でクリティカルに最適解を選び続けて

・センス抜群で急拡大している

・20代を代表する世間的注目度の高い

・将来超有望な

起業家です

 

そんな私が、会社設立をして今月末で2期目を終了します。

今どんな事を考えているのか、記していきたいと思います。

 

1.お金を稼ぐのは、簡単だった

息を吸うように受注し、息を吐くように発注する。

呼吸しているだけで利益が積み重なっていくこのRPGゲームは、自分だけイージーゲームをプレイしているかと錯覚してしまうほどに、簡単なものでした。

 

僕がうまいんじゃない、皆が下手なんです。

皆が遠回りしているだけ。

 

僕も多少は遠回りしているよ。

 

でも、皆がそれ以上に迷走してるから、結局僕が比較的早くゴールしてしまいます。

 

そして残酷にも、このRPGゲームは、プレイ時間が長くなるほど、プレイヤーの差が開いていきます。

 

私の場合、計算通りに全てが運んでいる(まぐれじゃない)ため、

これからのレース、何回検算しても、『株本が勝利する』という答えしか出てきません。

 

お疲れ様でした。

 

 

2.落とし穴だけは気を付けておこう

そんな僕でも、絶対に気を付けなければいけない落とし穴があります。

それは

・脱税

・女性関係(淫行/婦女暴行等)

・健康

です。

ビジネスでは成功以外未来はありまえませんが、この3つは、どんな人でも落とし穴に陥る可能性があります。

僕は、常識人で、羽目を外すことはしない慎重なタイプなので、上2つに関しては基本的に心配していませんが、常にリスクの想定はしておく必要があると思っております。

 

格好つけた事を言うと、僕の身体は少しずつ、僕だけのものではなくなってきていると思っています。

自分を頼ってくれている人、自分と一緒に仕事をしている人に絶対に迷惑をかけないよう、気を付けようと思います。

 

 

3.調子には乗りません

最近、

取材依頼もたくさん来るし

アベマTVにも呼ばれたし、

セミナー開いたら1000人から応募が来るほどには、知名度が上がってきました。

 

年収チャンネルは登録者数約5万人

Twitterもフォロワー約1万人

このままいけば、高確率で、「ビジネスインフルエンサー」になれると思います。

 

ただ結局、これって、本業のStockSun株式会社が順調だから、周りがちやほやしてくるだけであって

メディアに出て、浮足立って、本業が傾いた瞬間に、サーっと回りは引いていくんです。

 

堅実に、WEBコンサルティング業で、クライアント貢献ファーストに努めていく姿勢は変えません。

 

知名度上がってうぬぼれるほど、脇は甘くありません。

 

そもそも

 

インフルエンサー

 

という職業は成り立ちません。

 

僕はSNSYouTube内では、少しずつ、順位が上がってきていますが、

経営者の中ではまだまだひよっこです。

 

主戦場は経営でありWEBコンサルなので、うぬぼれずに着実に事業を推進していくことを誓います。

 

本業ありき。

 

これ重要ね。

 

 

4.仲間が増えて超楽しい

1年前と比べると、若くてお金もあって時間もあってビジネスリテラシーが高い仲間が、たくさん増えました

 

これ、本当に自分のQOL(生活の質)を上げてまして

 

仲間というものは本当に良いものだなとつくづく思っています。

 

僕は何歳になっても、いくら稼いでも、イジられ続けたいし、笑って過ごしたい。

 

そのために必要なものは、仲間です。

 

会社や学校のように、決められたコミュニティで、付き合わないといけない同僚ではありません。

 

一緒にいて楽しくて、信頼できる人達が、自分で選択したコミュニティに集っていることに、意味があります。

 

決められたルール、組織内で付き合う人間よりも、

自分で選択したコミュニティであれば、ロイヤリティも高まり、組織以上に、組織化します。

 

そのために、私自身が人格者を目指し、仲間に敬意を持ち、お互い、居心地の良い空間を目指すことを誓います。

 

そして、自分を信頼してくれた方に対して

絶対に裏切ることなく、誠心誠意、ご恩返しをしていきます。

 

 

5.こっから先は、一人前の経営者

これは人それぞれの価値観だと思いますが、

私個人的には、経営者は

最初の2年間は、消費税免税などの国からの待遇、周りの人からの応援等含め、

ピヨピヨ経営者

だと認識しています。

 

会社員で言えば、新人研修を受けていたようなもの。

 

特に私は年齢が若いこともあって、甘やかされていた部分もあったかと思います。

 

しかしこれからは、一人前の経営者として、市場に対して価値提供をし続け、甘え無しの評価をされていくはずです。

 

3年目からが本当の勝負だと思っています。

 

気を引き締めて、取り組んでいきます。

 

まあ余裕で勝つんだけどね。センスあるから。

 

 

6.最後に

僕が、平成生まれの起業家代表として、世間の若者の意識を上げていきます。

仕事できないことは恥ずかしい事。

市場に評価されないことは恥ずかしい事。

雑魚であることは恥ずかしい事。

 

甘ったれた若者達の意識を叩き直します。

 

僕に嫌悪感を持った瞬間、あなたは雑魚です。

 

歯を食いしばって、僕に付いてきてください。

 

 

 

それでは本日はここらへんで。

 

3期目以降も、StockSun株式会社、株本をよろしくお願いいたします。